読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入園式と予防接種

 午前中は入園式。午後は予防接種。BCGって改めて見ると痛そうね……。
 針を刺されたとたんぎゃんぎゃん泣く娘を見て、生後二ヶ月で初めて予防接種をした時の泣き方はこれよりだいぶ弱々しかったなあと思い出す。成長してる。

広告を非表示にする

離乳食4日目

 今日は用意した2さじ分のつぶしたおかゆを、少しずつ全部食べてくれた。自分からスプーンをぱくつこうとするので驚いた。初日は怪訝な顔で口元に差し出されたおかゆを見てるだけだったのになあ。成長早い。
 舌でおかゆを押し戻したりもするので、どうしても口元が汚れるのだけれど、おかゆの粒を口のまわりにいっぱいつけてこっちを見る娘はたいへんかわゆい。
広告を非表示にする

娘、三ヶ月

 娘(生後三ヶ月)が、左手を握りしめて掲げ、じっと見つめるという動作をよくする。
 真っ赤になって力いっぱい踏ん張り、大きな音と共にうんちをするのがおもしろい。うんちの匂いが変化してきているのもおもしろい。最初はミルクの匂いだったり、ヨーグルトみたいな酸っぱい匂いだったりしたけれど、最近はしっかり臭いので、腸の機能も発達してきたのかなあ、と思う。
広告を非表示にする

昼:鯖の味噌煮、味付めかぶ
夜:煮物(大根、鶏肉、人参、厚揚げ)、ほうれん草のおひたし、炒り豆腐、お味噌汁(えのきとわかめ)

可愛い女

可愛い女(ひと)・犬を連れた奥さん 他一編 (岩波文庫)

可愛い女(ひと)・犬を連れた奥さん 他一編 (岩波文庫)

彼女は物静かな、気立てのやさしい、情けぶかい娘さんで、柔和でおだやかな眸をして、はちきれんばかりに健康だった。そのぽってりした薔薇いろの頬や、黒いほくろがぽつりとついている柔らかな白い頸すじや、何か愉快な話を聴くときよくその顔に浮かび出る善良なあどけない微笑やをつくづく眺めながら、男の連中は心のなかで『うん、こりゃ満点だわい……』と考えて、こっちも釣り込まれて顔をほころばせるのだったし、婦人のお客となるとついもう我慢がならず、話の最中にいきなり彼女の手をとって、うれしさに前後も忘れてこう口走らずにはいられなかった。――
「可愛い女(ひと)ねえ!」
(pp.95-96)

広告を非表示にする